第3話/番外編?もしも日本にスーパーコンピューターがなかったら

もし日本にスーパーコンピューターがなかったら?

もはやスーパーコンピューターは「ものづくり」の道具

そもそもなのですが、スーパーコンピューターがない世の中、日本というのは想像するのが難しいです(笑)。逆に言うと、皆さんがどれだけご存知かわかりませんが、天気予報をはじめ、いろいろなものづくりにはスーパーコンピューターが無くてはならないのです。

残念ながら日本の製造業は衰退していると言われていますが、自動車業界だけは良い戦いをしていると思います。競合力の源泉は、そもそも人材のレベルの高さとか多々ありますが、その人達が使う道具って何なのでしょう? という話になった時、「それはスーパーコンピューターです」という話になるのです。

車の性能を出すのに、人が勘や経験で作る時代ではありません。いま、自動運転が盛んになっていますが、エンジン系も、ガソリンエンジン、ハイブリッド、電気自動車と変化が起きています。 このように変化があるなかで、ますます、自動車の設計・開発という中でスーパーコンピューターの重みが増しているのです。 日本はスーパーコンピューターがあって、はじめて世界と戦えるものが作れるのです。

スーパーコンピューターのない日本は後進国

もし、「スーパーコンピューターがなかったら」、ですが、少なくとも車の競合力は保てませんし、天気予報も成り立たないのではないでしょうか。天気予報もろくに出来ない国ではどうしようもないですね(笑)。それも含めて、ますます人の生活に深く関わっています。

スーパーコンピューターのない日本は後進国と言わざるを得ません。やはり国力というか、一つの国として経済戦略的な面も含めて、きちっと活動していく中にスーパーコンピューターは欠かせない道具だと思います。

日本は資源に乏しい国です。やはり勝負するなら人と技術で勝負しなくてはいけません。人と技術で勝負する時どうしてもなく無くてはならない道具がスーパーコンピューターです。まさに国力に直接影響するのがスーパーコンピューターなのだと思います。

日本のスーパーコンピューターのライバルは?

中国がすごく伸びてきている

TOP500では、ここ数年、中国のスーパーコンピューターが世界一となっています。やはり中国はすごく伸びてきていますよね。最近の重要な指標でもある、Green500においても上位にランクインしつつあります(※1)。このようなスーパーコンピューターを中国は自国で開発している点は、着目すべき点で謙虚に受け止めなくてはいけません。

※1・・・2016年6月に発表されたGreen500では中国のスーパーコンピューター「神威・太湖之光」が、日本の理化学研究所が開発したShoubu(菖蒲)、Satsuki(皐月)に次いで世界3位となった。

 

本コンテンツの文章化に際し、インタビュー内容を編集しております。

 

井上 愛一郎(いのうえ あいいちろう)

生年月日 昭和32年 4月23日(60歳)

現職

 

学校法人清風学園 常勤顧問

(国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究機構 元統括役)

専門 コンピュータのハードウェア
略歴
昭和55年 東京大学工学部舶用機械工学科 卒業昭和55年 富士フィルム株式会社 入社昭和58年 富士通株式会社 入社

平成18年 富士通株式会社 サーバシステム事業本部 技師長

平成20年 富士通株式会社 次世代テクニカルコンピューティング開発本部長

平成21年 富士通株式会社 常務理事

兼 次世代テクニカルコンピューティング開発本部長

平成23年 富士通株式会社 常務理事

平成24年 富士通株式会社 フェロー

平成25年 独立行政法人理化学研究所 計算科学研究機構 統括役

平成29年 学校法人清風学園 常勤顧問

おもな業績 昭和55年富士フィルム(株)へ入社し、写真フィルム製造ラインのスタッフに従事。その後、昭和58年に富士通(株)へ入社、以来一貫して高性能コンピュータの頭脳ともいえるCPU(中央演算処理装置)の開発に従事。現在においてもCPUの中核となるような高性能化技術、高信頼機能を数多く開発した。さらに、理化学研究所と共同開発したスーパーコンピュータ「京」において、省電力と性能向上の相反する事柄を克服した世界トップクラスのCPUを実現させるとともに、システム全体の富士通側の開発責任者として、2011年6月、11月のTOP500(スーパーコンピュータの性能ランキングの一つ)にて、二期連続で計算性能世界一の達成に寄与した。
賞、
名誉
平成17年 経済産業省 第一回ものづくり日本大賞 優秀賞
(最先端半導体テクノロジー90nmを使用したサーバ用ハイエンドプロセッサの開発により表彰)平成18年 (財)新技術開発財団 市村産業賞(38回)貢献賞
(最先端半導体テクノロジーを使用したサーバ用プロセッサの開発により表彰)平成18年 (社)発明協会 関東地方発明表彰 発明奨励賞
(基幹サーバ用プロセッサの分岐予測制御技術の発明により表彰)

平成23年 日経BP社 第10回日本イノベータ大賞 特別優秀賞
(スーパーコンピュータ「京」開発チーム代表)

平成24年 文部科学省 平成24年度文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)
(スーパーコンピュータ技術の開発育成により表彰)

平成25年 褒章(紫綬)を授与される(科学技術分野
(ハイエンドコンピュータを実現する高性能・高信頼CPU技術の開発)

学校法人 清風学園
https://www.seifu.ac.jp/